特に不妊原因のない夫婦が2年間夫婦生活を続けていれば、一般的に約90%が妊娠すると言われています。したがって、妊娠を望んでから2年間を経過していれば、それは不妊ということになります。

平成27年8月に日本産婦人科学会により不妊の定義が2年から1年に変更されました。妊娠を望んでから1年間妊娠をしなければ不妊ということになるそうです。

上記は一人目の妊娠を経験したことのない定義ですが、出産を経験した人の場合、授乳期間は含まれず1年間母乳をあげていた場合、出産から3年を経過すると不妊となるそうです。

しかし、二人目不妊の人は、一人目を出産しているので、「そのうちにできる」と考えている人が多く、前回の妊娠から5年以上経過している場合も多いようです。

二人目不妊の原因はさまざま

後ほど詳しく説明しますが、もともと原因になるものがあったのに、ラッキーにも妊娠して一人目を出産できたというケースが実は少なくないみたいで、検査してみたら、前回出産の帝王切開などの影響によるもの、女性の高齢化による卵管・子宮環境などの変化によるもの、育児などのストレス、夫婦生活の減少などといった女性側の原因だけではなく、男性側の原因が見つかることがよくあるそうです。

一人目の出産時に比べて、年齢による卵管環境、排卵機能などの変化が起こっている可能性があるので、妊娠を希望する場合で約2年間子どもが出来なかった場合はとにかく原因を探るために早めに病院で受診することをおすすめします。

治療方法は一人目不妊と同じで、基本的にはタイミング法から開始し、その後、人工授精などに段階を上げていきます。

ただし、二人目不妊の特徴として、大きな不妊の原因が見つからず、一般的な不妊治療を行なっても、なかなか妊娠に至らないということもありますが、一度1人目を妊娠しているので克服方法はあります。

二人目不妊になりやすい人の特徴

二人不妊の人にはどのような傾向が見られるでしょうか。

その特徴として、以下の3点が挙げられます。

  1. ひとりめが結婚後の早い時期に自然妊娠している
  2. 不妊症の基本的な検査を行なっても大きな異常が認められない
  3. 実際に「一般不妊治療」を行なっても妊娠には至らない

1.ひとりめが結婚後の早い時期に自然妊娠している

結婚して早い段階に自然妊娠していると、近いうちにすぐに妊娠すると思っている人が多く、妊娠後の体調の変化などをさほど気にしていない場合があり、だいぶ経ってから病院に受診する場合があります。

2.不妊症の基本的な検査を行なっても大きな異常が認められない

一度は妊娠、出産しているので、数年のうちに生航能力に大きな異常が生じた可能性は一般的に低いと考えられます。そのため、あらゆる検査で異常を認めない「機能的不妊症(原因不明不妊症)」の割合が多いようです。

3.実際に「一般不妊治療」を行なっても妊娠には至らない

基本的な検査をしても大きな異常が認められない場合、タイミング法から段階的に人工授精、体外受精などするが一般的ですが、不妊の理由がわからないまま妊娠に至らないことも多々あるようですが、この場合体質を改善するサプリなどの服用で妊娠する方が多いようです。

二人目不妊の主な原因

  1. 一人目の出産が不妊原因になる場合
  2. もともと不妊の原因があった
  3. 育児や仕事のストレスが原因になる
  4. 年齢が上がったことによる原因(加齢)
  5. セックス回数の減少による原因
  6. パートナーが変わったことが原因

詳しく説明していきます。

1.一人目の出産が不妊原因になる場合

ひとりめを出産した際のトラブルが不妊の原因になることもあります。帝王切開もそのひとつ。

手術によってできてしまった小さな傷跡のへこみ部分に経血などの血が溜まることにより、受精卵の着床を阻害してしまったり、精子が卵管に向かう妨げとなったりします。

ほかにも、出産後のクラミジアや淋病などの性感染症、分娩時の大量出血や帝王切開によって、子宮や卵管が癒着を起こしている可能性があり、それが原因になることもあります。

また、出産によって月経が変化し、不規則になる場合があります。月経の周期が崩れると排卵はうまく行なわれず、それにより受精のタイミングが合いにくくなります。さらに分娩時に大量出血があると、出血性の下垂体機能不全が発生し、排卵障害を起こすことも。月経の不順を感じたら、一度検査を受けることをおすすめします。

2.もともと不妊の原因があった

一人目不妊のとき、なかなか妊娠せず、治療を休んでいる時に自然妊娠できた、という話をよく聞きませんか?それは前回たまたま妊娠できたけど、本来の体質は不妊症だったというケースです。

例えば、見た目や行動が正常でも染色体異常の保因者という場合。夫婦のうちどちらかが保因者であると、精子や卵子を形成する過程で異常が発生し、受精後に分裂が止まったり、ある程度発育して流産してしまったり。。。。

ところが、形成過程によって染色体異常でない子どもが産まれることもあるので、その後、二人目を妊娠しているのに気づかないうちに流産を繰り返していることがあります。

また、子宮内膜症やクラジミアの影響で卵管の片方が閉塞している状態で前回の妊娠が成立。その後、もう片方の卵管も閉塞や癒着でうまく機能しなくなり、ふたりめの妊娠がむずかしくなることもあるのです。

3.育児や仕事のストレスが原因になる

不妊とストレスとには、密接な関係があります。生殖ホルモンの分泌を司る脳の下垂体は、ストレスにも対応する器官です。卵の発育から排卵子宮内膜の形成など、視床下部から下垂体のルートで分泌されるホルモンによって指令が出されます。

そのルートがストレスを抑え込むために働いていると、生殖機能への指令まで及ばないという状態になります。

それにより、排卵障害や着床障害など不妊症の原因を引き起こすのです。

4.年齢が上がったことによる原因(加齢)

前回の出産のときから数年が経過しているので、夫婦の年齢も上がってきています。一般的に女性の謁歳以上を高齢妊娠とし、年齢を重ねるとともに卵子の質や卵機能の低下は進みます。発育する卵胞の数も減少し、排卵誘発剤に対する反応も低下。流産をする確率も上昇していきます。

年齢とともに可能性を増すのが、女性の場合は子宮内膜症や子宮筋肱など婦人科系の病気です。それに比べ、男性の精子は女性ほど影響が少ないと言われています。とはいえ、病気やストレスなどが原因で精子の状態が悪化する可能性があることも忘れないで下さい。

5.セックス回数の減少による原因

育児や家事に追われていると、ついつい夫婦生活が減少しがち。精子は、体内に長くたまっていると老化してしまうことがあります。

また、夫婦生活の回数を多く持つほうが流産率が低くなるというデータもあります。排卵日以外にも3〜5日ぐらいの間隔で時間をつくるといいでしょう。

6.パートナーが変わったことが原因

一人目の出産時に夫の死亡や離婚があり、パートナーが変わったことで不妊症になることがあります。
以前の夫とは自然妊娠できたのにと思いますが、お互いの免疫学的相性が合わない場合もあります。

前回の出産後の夫から欄試飲しを引き起こすクラミジアなどの感染症をもらったことも考えらます。

また、夫が再婚で全妻に子どもがいると、男性から女性の原因にされやすいですが、男性に原因があることもありので、この場合必ずしも女性に問題があるとは限りません。

7.そのほかにも原因はいろいろ

出産後に体重が戻らず肥満になった、ホルモンバランスがくずれてしまった、体質が変わってからだが冷える、頭痛や腰痛がひどくなったなど、妊娠を妨げる要素はいろいろあります。

一人目の子供を妊娠した経験があるなら二人目はできる!二人目不妊の克服方法

世の中には一人目さえも妊娠しない女性はたくさんいます。

その中ですでに一人目のお子さんがいるのであれば、子宮の病気などは考えづらいのでホルモンバランスの乱れが大きな原因だと考えたほうが無難です。

もちろん、「絶対ホルモンの乱れが原因」とは一概に言えませんが、最初に疑う項目としてはホルモンバランスの乱れを一番に持ってきたほうがいいでしょう。

ちなみにホルモンの乱れの原因となるのはやはり、加齢(高齢)です。

一人目を産んで時間がたっているのですから、卵巣機能や卵子の質も低下しホルモンのバランスが崩れやすくなっているんですよね。

その他、病気やストレスが原因でホルモンのバランスが崩れるということも考えられるみたいです。

つまり、いろいろな原因が重なりに重なって二人目ができにくい身体になってしまっているのです。

ホルモンの乱れを整えるにはどうしたらいいの?

ホルモンの乱れを整えるには生活習慣を整えることも大事ですが、身体の中の調子を整えることが一番大事です。妊娠できにくい体質を妊娠できやすい体質に改善するといったほうがわかりやすいと思います。

体質改善に用いるのはサプリメントが最も有効とされていて、一般的には妊活専用の「葉酸サプリメント」と「マカサプリメント」を用いた方が身体の改善と促すとともに妊娠する確率があがります。

ポイント
葉酸サプリメントは妊娠妊娠が発覚してから三ヶ月までの間飲むように厚生労働省よりすすめられていますが、性格には妊娠を予定する前から飲むように厚生労働省もすすめています。

葉酸は妊娠しやすい体質にしてくれる

葉酸で妊娠出来るというと勘違いされる方がいますのでハッキリ言っておきますが、葉酸サプリでは妊娠できません。

葉酸サプリは妊娠させるサプリメントではなく、あなたの身体を妊娠しやすい体質に改善するサプリです。

では、葉酸の効果は?というと実際に不妊治療を専門に行なっている医師が夫婦に葉酸をすすめるほと効果は期待出来ると言われています。

また先程も言いましたが、厚生労働省のホームページでも不妊や妊活の一環として葉酸サプリを摂ることをすすめています。

葉酸が不妊に与える効果
  • 受精卵が着床しやすくなる
  • 流産しにくくなる

マカはホルモンバランスを整えてくれる

ホルモンバランスの乱れている方はたいてい冷え性が多いと言われていますが、マカを服用することで冷え性も改善されると言われています。

二人目不妊の大きな原因としてホルモンバランスの乱れがあり、一人目を産んだ後にホルモンバランスが崩れてしまったり、育児の疲れやストレス、急激な体重の増減など日常の生活が原因でホルモンバランスは崩れ、一度崩れたホルモンバランスは戻すのが難しいと言われています。

しかし、マカには月のリズムをサポートするための必要不可欠なベンジルグルコシノレートが多く含まれているためホルモンバランスの乱れが原因で起こりやすい冷え性に関しても、マカを摂取することでホルモンバランスを整え改善されると言われています。

マカが不妊に与える効果
  • ホルモンバランスを整えてくれる
  • 生理不順を正常に戻す
  • 冷え性を改善してくれる
  • 男性の精子量量を増やしてくれる
  • 男性が勃起しやすくなる

ホルモンのバランスが悪く、着床しにくい体質をマカが1カ月で変えてくれ妊娠した


わたしは、できちゃった婚で21歳の時に長女を出産しました。

初めての子育てはてんやわんやでしばらくは子どもはいらないと思っていたのですが、子育てが落ち着きいざ二人目が欲しいと思ってもなかなかできずにいました。

そもそも私は、すぐに子どもができるものと思いこんでいました。

ところがいっこうにその気配がないので、友人に相談してみました。すると「ホルモンのバランスが悪いのではないか、一度病院でみてもらったら」とアドバイスしてくれたので、産婦人科で検査を受けました。

結果は不妊症だった

病院で検査をした結果、「ホルモンのバランスが乱れており、着床しにくい体質」ということがわかりかなりショックを受けてしまいましたが、不幸は続き、右側の卵管の通りが悪いこともわかりました、

以前から基礎体温をはかっていましたが、自分でもおかしいと感じていましたがまさか・・・・。

生理開始日からほぼ2週間後に排卵するのが通常ですが、わたしの場合、10日間ぐらい期間があき、しかも低温期が長く、高温期が短いのです。

ちなみに念のため夫の精子の状態も調べてもらいましたが、問題はありませんでした。

病院通いをしながらマカサプリと葉酸サプリを飲む

それからは、定期的に通院し、排卵誘発剤とホルモン剤を注射しながら様子をみていました。

ホルモンバランスが乱れている、といわれても、身体に大きな病気があるわけではないので、自分ではどうしていいのかわかりません。

そこで、不妊やホルモンに関することをネット検索するようになり、マカのことを知ったのです。

副作用もなく、ホルモンのバランスをととのえるはたらきがあるということだったので、さっそくマカサプリを取り寄せて、夫と飲んでみることに!

主人も早く子どもがほしいと思っていたので、快く協力してくれました。わたしは1日2回、朝晩の食事前に1包ずつ、夫は朝食後に1包、飲んでいました。

この頃から葉酸サプリも一緒に摂っていました。

そのままマカサプリと葉酸サプリを飲み続け、6カ月ほどたったころでしょうか。

生理がこない!!

以前から生理が遅れることはめずらしくなかったので、最初は気にしていません。

ところが、基礎体温が高いままなのです。

わたしが使っている基礎体温計は、妊娠したらハートのマークが出るデジタル式のものだったのですが、はかるたびにそのマークが表示されるのです。

まさか、こんなに早く!と半信半疑で、妊娠判定薬で調べてみたら陽性の反応が。その日のうちに病院へ行って検査を受けると、妊娠5週目になっていました。

30才になるまでになんとか第一子を、と願っていましたから、これ以上の喜びはありませんでした。

主人が、「やったね」と、両手をとって握りしめてくれました。

妊娠がわかってからもマカを飲んでいましたが、つわりもほとんどなく、楽に過ごせました。

また、あとから気づいたのですが、以前から悩んでいた冷え症が、昨年の冬はずいぶん楽だったのです。これはマカのおかげだと思います。

私が飲んでいた葉酸サプリとマカサプリ

ベルタ葉酸サプリ

葉酸サプリを選ぶ基準として必ずあげられるのが厚生労働省が推進している1日あたりの葉酸摂取量400μgを含んでいることです。
ベルタ葉酸サプリは葉酸摂取量400μgをクリアしていくことと、生まれていくる赤ちゃんことを考えて無添加・放射能チェック・残農薬チェックは必ずしているところ、さらには不妊に効果のあるビタミンを多く含んでいるのがが購入の決め手でした。


ハグクミの恵み

マカサプリと言えばハグクミの恵み。ネットで調べて一番口コミが良かったのと、有用成分が多く含まれているマカを使用したサプリということで服用していました。おすすめです♪

サプリメントで効果がなければ産婦人科へ

一人目ができない。つまり不妊の方は理由が迷惑でわかりやすいのですが、二人目不妊の原因は中々特定しづらいのが現状です。
かと言って、葉酸サプリやマカサプリメントなどで体質改善をしても効果がない場合は潔く医療の力を借りましょう。

もしかしたら原因がわかるはずですが、道のりは厳しい可能性もあります。