必ずわかる!マカが不妊に効果的な本当の理由

マカはペルーでは日常野菜として食べられている根野菜です。見た目はカブのような形をしています。

日本では生のマカ野菜は売られていませんが、薬局などではマカサプリがずらりと並んでいますね。

そのパッケージには、精力、絶倫、みなぎる!など、マカといえば男性の精力剤サプリというイメージがあります。

それもそのはず、マカには性ホルモンを元気にする栄養素が含まれているんです!

「不妊にはマカが効果的」というのを聞いたことがある方も多いと思いますが、どういう理由で不妊にマカがいいのか、ということは以外と知られていません。

マカは不妊に効果がある?

マカには妊活に欠かせない栄養素、とくにホルモンの分泌に必要なアミノ酸がたくさん含まれています。

でも、、アミノ酸くらいで妊娠しやすくなるのかな?という疑問があります。(私も思っていました!)

ホルモンには色んな種類がありますが、ここでは、たんぱく質からできるホルモンと、たんぱく質からできないホルモンについて考えます。

たんぱく質からできるホルモンはペプチドホルモンと呼ばれ、成長ホルモンが代表です。

非たんぱく質のホルモンはステロイドホルモンと呼ばれ、副腎皮質ホルモン、エストロゲン、テストステロンなどがあげられます。女性ホルモンなどはこちらですね。

  • 成長ホルモンの分泌には、アミノ酸が必要。
  • 女性ホルモンの分泌に、直接アミノ酸は必要ありません。

だったらマカでアミノ酸なんて摂らなくてもいいのでは???

いえいえ、ここから先が大切なんです!

成長ホルモンが性ホルモンのバランスを調整していた!

成長ホルモンは、私たちの体を維持、回復するのに必要なメインホルモンといってもいいくらい重要な役割があります。

そしてこの成長ホルモンは、女性ホルモンや男性ホルモンをバランスよく分泌する調整役でもあるんです!

性ホルモンをきちんと分泌させるために、妊活中は成長ホルモンの分泌がすごーく大切なんです。

女性ホルモンは夜寝ているときに分泌するから早く寝たほうがいい、という話を聞いたことがあると思いますが、入眠後に分泌しているのが成長ホルモンです。

夜中に成長ホルモンが放出しているので、遅く寝たり寝不足が続くとホルモンがしっかり分泌せずに生理不順や肌荒れなどの症状が出てしまうんです。

ホルモンバランスの崩れ、ホルモンの量が少ない方は、ホルモンバランスの調整をしている「成長ホルモン」の放出を手助けする必要があります。

その手助けをするのが アミノ酸 なんです。

アミノ酸は命の元?

私たちの体は、60%が水分で約20%がたんぱく質でできています。残りは脂肪や糖質です。たんぱく質は何からできているかというと、「アミノ酸」です。

自然界にはおよそ500種類以上ものアミノ酸が存在しますが、10万種類もあるたんぱく質は、たった20種類のアミノ酸から作られています。

なんだか不思議ですね。

美容でいえば、コラーゲンを作っているのもアミノ酸ですし、肌の保湿成分もアミノ酸から生成されます。最近ではシャンプーや化粧品にもアミノ酸の文字を見かけますね。

食品にもアミノ酸は必要不可欠な存在です。うま味成分のアミノ酸代表といえばグルタミン酸です。苦みではアルギニンやアラニンなどが使われます。

それぞれのアミノ酸はそれぞれに違う効能効果がありますが、細胞を作ったり筋肉を修復したり、体を酸化しないようにしたり、人間が生きていくうえで欠かすことができない成分なんです。

前置きが長くなってしまいましたが、成長ホルモンは、女性ホルモンや男性ホルモンの分泌バランスを調整する働きがあります。

成長ホルモンの分泌に必要なアミノ酸は下記のとおりです。

必須アミノ酸

  • トリプトファン
  • フェニルアラニングルタミン
  • リジン

非必須アミノ酸

  • アルギニン
  • グルタミン

遊離アミノ酸

  • オルニチン
  • シトルリン

マカのアミノ酸がすごい理由

若々しさの源ともいえる成長ホルモンや、エストロゲンやテストステロンなどの性ホルモンは、年齢とともに少しずつ減少し、分泌する勢いも弱くなっていきます。

そこで、少しでも分泌を滞らせないように、必要なアミノ酸を毎日しっかり摂ることが大切なんです!

冒頭でも書きましたが、マカはホルモンを分泌するために必要な数種類のアミノ酸がバランスよく含まれている唯一無二の野菜。

体に必要なたんぱく質を作り出すアミノ酸20種類のうち、マカには18種類も入っているんです!優秀すぎます。

ここまでで、ホルモンの分泌ににアミノ酸が必要!ということが分かっていただけたと思います。

マカに含まれているアミノ酸のそれぞれの効果効能

マカには18種類ものアミノ酸が含まれていますが、アミノ酸によってそれぞれ効果が違います。

アルギニン

ホルモンの分泌に効果

リジン

ホルモンの分泌に効果

ヒスチジン

ストレス軽減、過食を抑制、神経機能補助の効能の他、性的欲求向上の役割もあります。

フェニルアラニン

ホルモンの分泌に効果

チロシン

ストレス軽減、白髪の予防、代謝や自律神経とも関係があります。

ロイシン

筋肉をつくる、修復する役割や肝機能の向上、育毛効果があります。

イソロイシン

肌や髪の健康に必要なアミノ酸のひとつ。運動時の回復にも効果があります。

メチオニン

肝機能の向上、アレルギー症状を緩和、抗酸化作用による老化防止など。

バリン

筋肉の強化・修復、苦み成分としての食品添加、美肌効果など。

アラニン

甘みを担う食品に使用、肝機能の保護やアルコールの分解に効果的な成分

グリシン

コラーゲンを生成、美肌効果、コレステロール値を下げる、活性酸素を抑える、入眠、不眠症への効果。

プロリン

コラーゲンを生成、正常なターンオーバーを保つ、関節痛の改善など。

グルタミン酸

旨味成分の代表、美肌効果、脳を活性化、利尿作用など。

セリン

肌の保湿、脳機能の活性化、不眠に効果。

スレオニン

人間の成長に必要不可欠。髪や肌のコラーゲンを生成、脂肪肝の予防など。

アスパラギン酸

利尿作用や疲労回復の効果、旨み成分などの食品添加物に使用。

トリプトファン

ホルモンの分泌に必要

シスチン

爪や髪を作るケラチンを生成。美肌、シミ予防、老化防止など。

このようにたくさんのアミノ酸が含まれていますが、上の黄色の部分がホルモンに必要なアミノ酸です。

マカにはホルモンの分泌に必要なアミノ酸が4つも入っていますね。すごいです。

マカが妊活や不妊でお悩みのご夫婦に支持されている大きな理由はアミノ酸だけではありません。マカに含まれるその他の栄養素がバランスよく働くことで相乗効果的にホルモンのリズムを整える効果を生み出しているんです。

マカが不妊に効果があるのは、きちんとした理由があるからなんですね。

いろいろありすぎてどのマカを選べばいいかわからない

マカ野菜をバクバク食べることができればよいのですが、ペルー原産のマカの種や苗は日本に持ち込むことができません。

サプリメントでの摂取しかないのですが、マカ野菜を丸々食べるよりも、余分な水分を取りのぞいているサプリメントの方が、少量でたくさんのアミノ酸が摂取できるメリットがあります。

マカ純度100%

いまは、様々なマカのサプリメントがありますが、安心して効果を得るには、純度100%(粒にするための凝固剤なしの全てマカ成分)の無添加のマカを選ぶ必要があります。

効果的なマカの品種配合

マカといっても、色んな種類があるんです。黒マカ、黄マカ、白マカ、などなど、色によって栄養価やアミノ酸の含有量も違います。それぞれに良さがあるのですが、

サプリメントにしたときに、効率的に、効果的にマカの栄養を取り込めるかどうかがポイント。

それぞれのマカをどの配合でブレンドすればいいか、その研究はマカのメーカーによります。ほとんどが研究などされずに、効果の薄い白マカオンリーかもしれません。

数種類のマカのブレンド割合は、メーカーの企業秘密ですので開示はされませんが、よいマカサプリを選ぶときに、メーカーに「ブレンド配合率」を聞いてみるのも一つですね。

マカの配合のことを知らなかったり、配合はしていません、などの回答なら、、、マカに含まれるアミノ酸の含有量を確認しましょう。

無農薬で栽培されたマカ

いまは無農薬の証である有機JASマークがあります。有機JASマークは、土壌検査や工場での衛生管理まで、厳しい基準をクリアしないとJASマークは発行されません。

妊活中に飲むサプリメントはオーガニックが安心です。いま飲んでいるマカが有機JAS認定のマカなのかチェックしましょう。

そのマカ適正価格?

なかには安価なマカも見かけます。そんなマカに出会ったら、最低でも次の質問を投げかけてみてください。しっかり答えられるメーカーなら安心ですね。

  • どうして安いのか?
  • マカの配合率はどうなっているのか?
  • 凝固剤は使っていないか?
  • 飲んだときの体への吸収率(粉状マカの分子の大きさともいう)はどれくらいか?

マカが妊活中のご夫婦におすすめの理由がわかっていただけたでしょうか。

マカ選びの基準をクリア!飲みやすく吸収のよいマカサプリメント

はぐくみの恵み


マカサプリと言えばハグクミの恵み。
ネットで調べて一番口コミが良かったのと、有用成分が多く含まれているマカを使用したサプリということで服用していました。おすすめです♪