二人目不妊は男性にも原因があるかもしれない

「不妊症」「二人目不妊」というと、女性にばかり原因があるような印象があるかもしれません。しかし、実際は「不妊症」「二人目不妊」の原因は、女性ばかりではないのです。

WHOが不妊カップルに行った調査によると、不妊症の原因内訳が「女性だけにある場合 41%」「男性だけにある場合 24%」「男女両方にある場合 24%」「原因不明 11%」となっています。

このデータからも、「不妊症は女性ばかりの問題ではなく、夫婦で考える問題」だということが、お分かりいただけると思います。

そこで、今回は男性不妊について考えてみましょう。

男性が不妊症だった場合の不妊検査の種類

「妊娠を希望しているカップルが避妊をせず、夫婦生活を持っても1年以上妊娠しない」場合、不妊症の可能性があります。

不妊症の治療を始める際には、治療方針を決めるためにも、男女ともに検査を行います。

男性不妊の検査には、通常、「視診触診」「血液検査」「精液検査」があります。

「視診触診」では、睾丸の大きさなどを調べます。

「精液検査」では、精液量、精子濃度、運動率、奇形率などを調べます。「血液検査」では、感染症などの検査を行います。

これらの検査の結果、明らかに不妊の原因が判明した場合は、治療が可能かどうかを検討し、実際の不妊治療に進みます。

男性不妊の要因と治療法

男性不妊には、おもに四つの要因があります。

勃起障害(ED)

近年男性不妊の原因として増えているのが、「勃起障害(ED)」です。

夫婦生活をもつ際に、「充分に勃起しない」「勃起が続かない」状態を指します。

原因としては、「ストレスや精神状態が過敏になっている」心因性のものと、「血管等に問題がある」器質性のものがあります。糖尿病も原因の一つとしてあげられています。

心因性の場合、そのストレスを解消することが重要となってきます。

また、近年では、バイアグラといった「ED治療薬」の使用が有効とされており、病院で処方されることが多くなっています。

精子無力症

精液検査の結果、運動率が基準値よりも低い場合、「精子無力症」と診断されます。

具体的には「精液中、前進する精子が50%未満、または高速で直進する精子が20%未満」の場合です。

「精子無力症」は、薬等での治療が難しいと言われていますが、精子の質を向上するために漢方薬やビタミン剤が処方される場合もあります。

また原因によっては、外科的手術で治療出来る場合もあります。

症状が軽度の場合は、人工授精を行うことで妊娠が可能な場合もあります。重度の場合は、体外受精(顕微授精)を行うことで妊娠が可能な場合があります。

乏精子症

精子数が基準より少ない場合、自然妊娠が難しくなります。

WHOの基準により、精子数だけではなく、精子濃度、運動率、奇形率を総合的に判断し、基準を下回る場合、「乏精子症」と診断されます。

原因によっては、「精子無力症」の場合と同様に、外科的手術で治療出来る場合もあります。

また「乏精子症」が軽度の場合は、人工授精を行うことで妊娠が可能な場合もあります。

「乏精子症」が重度の場合は、体外受精(顕微授精)を行うことで妊娠が可能な場合があります。

無精子症

精液の中に精子が見当たらない場合、「無精子症」と診断されます。

「無精子症」には、精子は作られているが、通路がふさがっている「閉塞性」と、精子自体が作られていない「非閉塞性」の二種類に分類されます。

「閉塞性」の場合、外科的手術で精子の通路を再建することで、自然妊娠することが可能になる場合があります。

また、手術によって精子を採取し、体外受精で妊娠が可能な場合もあります。

「非閉鎖性」の場合、以前は有効な治療法がないとされてきました。

しかし、近年では手術により精巣から精子を採取する方法が進歩し、顕微鏡を用いて精子を採取することが可能になったため、以前よりも精子の採取に成功する率が高くなっています。

採取した精子を用い体外受精で妊娠が可能な場合もあります。

その一方で、全く精子が採取出来ない場合もあります。

その場合は、「配偶者以外の第三者(精子ドナー)から提供された精子を使用した人工授精を行う」という選択肢があります。

配偶者以外の第三者からの精子提供を受けて行う人工授精のため、倫理上の配慮から、全ての病院で実施することが出来るわけではありません。日本産科婦人科学会に登録している「非配偶者間人工授精の臨床実施に関する登録施設」のみで行うことが出来ます。

夫婦で話し合いたいこと

男性の場合、精子の検査を行うことに屈辱感を感じる人もいます。

また、外科的手術で治療出来る場合がありますが、未だに男性不妊が世間的に知られていないこともあり、こういった治療を行うことに、男性は女性以上に抵抗や負担を感じる傾向があるようです。

不妊治療は、夫婦が二人三脚で取り組まないと成功は難しいものです。不妊の原因が男性側にある場合でも、決して男性を責めることはせずに、気持ちに寄り添いながら治療に取り組んでいきましょう。